工学研究科 生物工学専攻 新間秀一准教授らの研究グループがAnalytical and Bioanalytical Chemistry誌に掲載されました。

生物工学専攻 新間秀一准教授 らの研究グループがAPAPが誘発する肝障害組織を直接観察することにより、障害部位と非障害部位で薬剤の局在と障害により変動する内因性物質を可視化することに成功しました。

目次
閉じる