情報科学研究科 バイオ情報工学専攻の清水教授らの研究グループが朝日新聞の夕刊3面のぷらっとラボで紹介されました。

たんぱく質のロドプシンを発現させた大腸菌の培養液(右)。左はロドプシンがない大腸菌の培養液

脱炭素に貢献できる大腸菌? 光のパワーで有用物質の生産力アップ

光をエネルギー源にして、プラスチックの原料や医薬品などに利用できる物質を効率よく生み出す大腸菌を、清水教授の研究グループが開発しました。くわしくはこちら

目次
閉じる